3密を避けて新しい生活様式へ!

食べる 暮らす・働く

「奈良ハッピーtakeout」がテークアウト代行サービス「男前タクシー」と連携

「男前タクシー」の運転手が提携店からテークアウト商品を受け取る様子

「男前タクシー」の運転手が提携店からテークアウト商品を受け取る様子

  • 16

  •  

 県内の飲食店テークアウト情報を発信するサイト「奈良ハッピーtakeout」は、「けいはんなヘルパーステーション」が運営する「khsタクシー(通称『男前タクシー』)」(奈良市二名3、TEL 0742-52-6570)と連携し、4月29日から奈良市内の飲食店のテークアウト代行を始めた。

 テークアウトを利用したくても自分で取りに行けない人と配達できない飲食店との懸け橋になれればと「khsタクシー」が「奈良ハッピーtakeout」に呼び掛け実現した。

[広告]

 利用の流れは、客が「奈良ハッピーtakeout」のタクシー宅配サービス可能店に直接注文する。タクシーでの配達利用を申し出ると店がタクシーを呼び、運転手が代金を立て替え商品をピックアップ。客が商品受取時に商品代金と配達料金を運転手に支払う。

 同タクシーは、国土交通省が4月21日に発表したコロナ渦により利用客が急減したタクシー業界の支援「外出自粛要請に基づき飲食物などの宅配を認める特例措置」を奈良運輸支局より許可を得た。

 配達範囲は、奈良市内(一部を除く)・生駒市の一部・京都府の相楽郡精華町・木津川市梅美台・州見台。配達料金は店から届け先までの距離により、6キロ未満=500円、以降1キロごとに100円加算する。

 同サイトを運営する寺本忍さんは、2015(平成27)年から飲食店情報「奈良ハッピーランチ」を発信。コロナ渦でテークアウト可能店を応援するため有志らと260店が登録する情報サイト「奈良ハッピーtakeout」を立ち上げた。タクシー宅配サービス可能店は奈良市内で21店が登録している(いずれも5月7日現在)。

 「運用が始まって間もないが飲食店・利用者双方からの問い合わせが多く、必要とされているのを実感している」と寺本さん。

 「飲食店は掲載申し込み入力フォームから無料登録できるので活用してほしい」と呼び掛け、「大変な時こそ、みんなで協力してアイデアで乗り越えていきたい」と意気込む。

Stay at Home