見る・遊ぶ 学ぶ・知る

カンヌレーベル作品、奈良の河瀬直美監督「朝が来る」ロードショー

映画のワンシーン

映画のワンシーン

  • 34

  •  

 カンヌ国際映画祭公式作品「カンヌ2020」に選ばれた河瀬直美監督・脚本の「朝が来る」が10月23日、全国公開される。直木賞・本屋大賞受賞作家・辻村深月原作。

映画のワンシーン

 特別養子縁組で男の子を迎えた夫妻と、わが子を手放す決心をした14歳の少女の人生を描き出す。主人公は、実の子を持てなかった女性・栗原佐都子(永作博美さん)と、実の子を育てられなかった女性・片倉ひかり(蒔田彩珠さん)。

[広告]

 本作は「家族の形とは何か」という現代の日本社会が抱える問題を深く掘り下げ問い掛ける。特別養子縁組によって養子を迎え入れることを決意し、新しい家族が生まれる瞬間や、ひかりが望まぬ妊娠をしたことで崩壊する片倉一家の姿、安全に出産するための保護施設での場面なども収められている。特別養子縁組で両者を引き合わせるNPO代表の浅見静恵役は浅田美代子さん。

 ストーリーは、一度は子どもを持つことを諦めた佐都子と清和(井浦新さん)夫妻は特別養子縁組の制度を知り、望まぬ妊娠をして出産した中学生のひかりの子を迎え入れ幸せに暮らしていた。ところがある日、ひかりを名乗る女性から「子どもを返して」と、脅迫めいた電話が佐都子に届く。

 映画主題歌「アサトヒカリ」を制作したのは、CLIEVY(クリビー)とKEEN(キーン)からなる男性2人組シンガー・ソングライターユニット「C&K」。「映画の主人公や全ての人がそれぞれの運命の中で幸せになるよう願いを込めて作った」といい、「なかったかのように忘れないで」という歌詞が映画のキーワードになっている。

 奈良ではTOHOシネマズ橿原、イオンシネマ高の原、シネマサンシャイン大和郡山、イオンシネマ西大和で上映する。配給はキノフィルムズ。当初6月に公開を予定していたが新型コロナウイルスの影響で延期されていた。