3密を避けて新しい生活様式へ!

見る・遊ぶ

奈良・星空の下で「銀河鉄道999」を観賞 松本零士さんのトークショーも

「銀河鉄道999」の上映前にトークショーを行う松本零士さん© 松本零士オフィシャルサイト

「銀河鉄道999」の上映前にトークショーを行う松本零士さん© 松本零士オフィシャルサイト

  • 0

  •  

 奈良公園・春日野園地で9月20日から、「なら国際映画祭2016プレイベント 星空上映会」が開かれる。

天気が良ければスクリーン奥に星空も

 縦4メートル×横8メートルのスクリーンを設置する野外映画上映会。芝生にレジャーシートを敷いて寝転んだりしながら映画を鑑賞できる。音楽映画の上映もあることから音響にもこだわる。

[広告]

 20日は、「銀河鉄道999」(1979年)を上映する。上映前には、映画に込めた思いや制作秘話などを聞ける松本零士さんによるトークショーや、奈良で活動する吹奏楽団によるアニメソングの演奏が行われる。同日、鴻ノ池陸上競技場で試合を行う奈良クラブ(JFL)ともコラボし、試合の半券を提示すれば前売り料金で入場できる。ほかにも、同クラブのゼネラルマネジャー矢部次郎さんや奈良市非公認キャラ「リニー君」も来場する予定。

 21日は、コメディー映画「デリーに行こう!」(2011年、インド)を上映する。インドの古典舞踊をアレンジした「ボリウッドダンス」の披露や、ミニレッスンも行う。22日は、音楽映画「ワンチャンス」(2013年、イギリス)を上映。2014年に全国大会で準優勝した奈良市立一条高校ダンス部によるパフォーマンスで会場を盛り上げる。

 会場では、カフェや雑貨の人気店約30店舗が出店。子どもらに楽しんでもらおうと、射的やスパーボールすくいなどの「リトル縁日」も。「まずは星空の下ということで銀河鉄道999の上映が決まった。なかなか映画館では見ることのできない映画を中心に、3日間来場しても飽きないレパートリーになっている」と同実行委員会メンバー。

 20日の前売りチケットは残りわずかだが、当日券の販売も行う。チケットは、前売り・大人=1,000円(当日1,500円)、子ども=500円(当日700円)未就学児無料。

 16時開場、17時開演(21日・22日は17時30分)。22日まで。小雨決行(荒天の場合は中止)。

Stay at Home