3密を避けて新しい生活様式へ!

食べる

奈良好き5人が「奈良の夜ふかし晩ごはんMAP」作製 「奈良の夜楽しんで」

「奈良の夜ふかし晩ごはんMAP」

「奈良の夜ふかし晩ごはんMAP」

  •  
  •  

 「食べることが好き、奈良が好き」というメンバーが作製した「奈良の夜ふかし晩ごはんMAP」が2月に完成した。

折り作業の様子

 メンバーは、奈良在住でメーカー社員、広告代理店社員、翻訳家、公務員、東京在住のデザイナーの5人。2017(平成29)年には「奈良の早起き朝ごはんMAP」を発行したメンバーが今回、「奈良の店は夜早く閉まるので、食べるところに困ると言われるがそんなことはない」という思いから作製。それぞれが本業の合間を縫って企画し発行までこぎ着けた。

[広告]

 コンセプトは「残業した後に晩ご飯を食べたい店」。メンバーが近鉄奈良駅かいわいを中心に実際に食べ歩きして探した17店を紹介。選ぶ基準は「自分たちが紹介したいと思った店」「ラストオーダーが21時半以降であること」「地元の店でチェーン店ではないこと」とした。

 1人でも行きやすいカウンターの有無や、禁煙・喫煙の別、英語メニューの有無などの情報をアイコンで表記し、ホームページなどにつながるQRコードも掲載。お薦めメニューの写真と金額、メンバーの紹介コメント、ドリンク注文の要・不要、お通しの有無などきめ細やかな情報を載せている。

 マップ面は、店の位置以外に22時まで開いているスーパーやドラッグストアなどの生活情報、奈良公園周辺でライトアップしているスポット、夜に行われるイベントや伝統行事の情報なども掲載し、夜の小ネタやイラストも盛り込んだ。印刷費用は企画に賛同する有志らの出資で賄い、仕上げの折加工も有志で行うなど、さまざまな人の協力を得て完成させた。

 メンバーの花村淑子さんは「晩ご飯情報はもちろん、奈良の夜を楽しむ地元の小ネタも満載。マップ片手にちょっと夜ふかししてみては」とほほ笑む。藪田真弓さんは「夜遅くても食べる場所があるので安心して奈良に来てほしい」と呼び掛ける。

 A3判両面カラーで、発行部数は5000部。マップは、奈良市内の宿泊施設に希望に応じて提供するほか、近鉄奈良駅周辺の配布協力店に置く。配布協力店は「奈良の夜ふかし晩ごはん」のフェイスブックページに掲載する。

Stay at Home