奈良・白豪寺で「えんまもうで」-無病息災祈願

白毫寺で営まれた「えんまもうで」

白毫寺で営まれた「えんまもうで」

  •  
  •  

 真言律宗白毫寺(奈良市白毫寺町、TEL0742-26-3392)で7月16日、「えんまもうで」が営まれた。

 えんまもうでは、地獄の釜が開き鬼も仕事を縁日とされる毎年、同日と1月16日に行われるもの。10時から宝蔵で営まれた法要には多くの参拝者が訪れ、目が鋭く、口を開け怒った形相の閻魔王坐像(重要文化財)の前で住職らによる読経が行われる中に手を合わし無病息災を祈った。

[広告]

 法要の後、コンニャクには裏表がないことから裏表無く正直な人間になるようにとコンニャクの田楽が振る舞われ、参拝者らは暑い日差しの下、みそたっぷりの田楽に舌鼓を打った。

 また境内では、古武道の竹内流第16代小野真人師範と各支部の師範代が奉納演舞を行い、真剣白刃取りや長刀(なぎなた)など迫力ある勇ましい姿に歓声が上がっていた。

  • はてなブックマークに追加