食べる 買う

西大寺にパン店「ありのまんま」 自然素材使ったパン売りに、定額制サービスも

店主の妹尾征治さんと妻の秀美さん

店主の妹尾征治さんと妻の秀美さん

  • 96

  •  

 パン店「bakery+arinomamma(ありのまんま)」が10月1日、もちいどのセンター街から西大寺(奈良市菅原東1、TEL 0742‐77‐8893)に移転オープンした。

店内の様子

 奈良もちいどのセンター街のチャレンジショップ「夢CUBE」(奈良市餅飯殿町)で3年間営業していた「パン屋 福笑」が、チャレンジ期間を終え、新たに店名を変えて出店した。

[広告]

 天然酵母やオーガニック食材などを使い、特に「麻炭」を練り込んだグレー色のパン生地が人気という。店主の妹尾征治さんは「自身のアレルギー体質が自然素材にこだわるきっかけとなった。おいしいパンと共に体も喜んでくれるのでは」と話す。

 「自然の循環」「自然との共生」を大切にしたいとの妹尾さんの思いと、パン作りの発酵に欠かせない菌のことを考え、壁に麻炭を練り込んだり、スペインの樹齢200年のオリーブの木で店内を装飾したりして「森」をイメージしたという。

 「森で摘(つ)むパン屋さん」をテーマに、客はカゴを持ってオリーブの木の周りに置かれたミニチュアのパンを手で摘み、レジで実物と引き換える。トングは使わず、「自然の中でパンを摘む」仕掛けを施す。

 「移転場所は家族との時間を大切にできるよう、自宅があり、妻の地元でもある西大寺を選んだ」と妹尾さん。「自然の恵みに感謝し、種を未来につないでいく。自然の営みを確認できる場所でありたい。その思いを店名の『arinomamma(ありのまんま)』に込めた。ゴミも減らしたいので、袋持参がありがたい」とも。

 「お得な定額制サービス」は3,700円で食パンなど時期により変わる対象商品13品と交換できる(有効期限2カ月)。2回目以降は3,500円。

 営業時間10時~18時。日曜・月曜定休。

Stay at Home