食べる

奈良に10種のクラフトビールと料理を楽しむ店 低温調理の肉料理・窯焼きピザも

それぞれのお薦めのクラフトビールを提案してくれるスタッフら

それぞれのお薦めのクラフトビールを提案してくれるスタッフら

  •  
  •  

 クラフトビールを食事と共に楽しめるレストラン「MEAT×PIZZA YAMATO Craft Beer Table」が10月1日、近鉄奈良駅前の奈良県経済倶楽部(くらぶ)ビル1階(奈良市東向中町)にオープンする。経営は近鉄リテーリング。

クラフトビール・国産黒毛和牛のステーキボウル・マルゲリータの写真

 近年のクラフトビールの人気を受けて、男性だけではなく40~50代女性をターゲットに「醸造所でおしゃれに飲むイメージの店舗作りをしている」と企画担当の西川智康さんは話す。店舗面積は80平方メートル、席数は43席。

[広告]

 常時10種類以上のクラフトビールを用意し、低温調理で仕上げた国産牛・豚・鶏の料理とのマリアージュを楽しめるように、メニューごとに相性の良いお薦めクラフトビールを明記している。ビールのメニューは毎日変わる。価格は、Smile(200ミリリットル)=450円、Mirth(360ミリリットル)=650円、Lucky(470ミリリットル)=800円。

 同店のビール担当者である「クラフトマン」の伊木(いき)孝司さんは「さまざまなクラフトビールを全国から取り寄せる。初心者にお薦めの飲みやすい味のものから、『濁り系』といわれる『コク』と深みのあるものや、『黒ビール系』など個性的な味もあるので、お気に入りを見つけてほしい。『奈良に来ればおいしいクラフトビールが飲める。わざわざ行きたくなる』と言ってもらえる店にしたい」と意気込みを見せる。

 チーズをふんだんに使ったピザは、店内で粉から練って熟成発酵させ、オーダーが入ってから生地を延ばし窯で焼き上げる。大きさは直径26センチ。ラインアップはマルゲリータ、照り焼きチキン(以上500円)など。

 ランチメニューは、国産黒毛和牛のステーキボウル(1,280円)、卵とチーズの焼きカレー(980円)など。グランドメニューは、国産黒毛和牛ローストビーフ(980円)、大和牛のハンバーグ(1,580円)、国産黒毛和牛の1ポンドステーキ(3,980円)、茶美豚のスペアリブビール仕立て(980円)など。

 営業時間は11時~22時(金曜・土曜・祝前日は23時まで、ランチタイムは14時まで)。第3月曜定休(祝日の場合は翌日)。開業記念として10月6日までクラフトビールなどのドリンクとランチをそれぞれ100円引きする。

  • はてなブックマークに追加