学ぶ・知る

奈良のパン店で英会話レッスン 店休日の店舗を活用、笑顔の看板が目印

ビルさんとミアさん

ビルさんとミアさん

  •  
  •  

 「ならまち」にあるパン店「MIA’S BREAD(ミアズブレッド)」(奈良市勝南院町、TEL 0742-27-0038)で現在、英会話レッスン「Smile Englishi(スマイルイングリッシュ)」を行っている。

レッスン日の目印看板

 定休日の店舗を利用して、4月から行っている同レッスン。講師はいくつかのスクールで英会話講師をしているイギリス・マンチェスター出身のBill Wright(ビル・ライト)さんが務める。

[広告]

 定休日の月曜と火曜に店舗3階で開講している。レッスン日にはビルさんの笑顔をモチーフにした手作りの看板を2階から掲げる。

 ビルさんは「1年ほど前にたまたま店に立ち寄った。3階のルーフトップカフェ席に座ったとき、風が心地よく吹き、奈良町の寺から鐘の音が聞こえた。おいしいサンドイッチを食べながら、若草山や遠くの山々を見ていると、幸せな気持ちが込み上げてきた。『ここが私のホームタウンだ』と心に感じた」と振り返る。

 「この空間を友人たちと共有したいと強く思い、店主のMIA(ミア)さんにすぐに気持ちを伝えると、彼女は心から共感してくれた。とてもうれしかった。ミアさんは人生で出会うべくして出会えたかけがえのない友人」とビルさん。

 ビルさんはサッカー好きで、Jリーグ入りを目指すJFL所属のサッカークラブ「奈良クラブ」のボランティアスタッフでもある。「おはじきサッカー(サブティオ)」というテーブルゲームでサッカーの魅力を広めたいとゲームイベントをミアさんの協力を得て屋上(ルーフトップカフェ席)で行い、国籍や年齢を越えた交流が生まれたという。

 その交流がきっかけとなり、ミアさんはビルさんから英会話のパーソナルレッスンを受けるようになった。「こんなに楽しく英会話が学べるなんて自分1人ではもったいないと、店の定休日に英会話レッスンの場所を提供したのが始まり」とミアさん。

 「伝えたい思いを英語で話せたら世界が広がる。今後はカフェと英会話をコラボさせたレッスンなども考えている」と意欲を見せる。

 現在、会社経営者や親子など、さまざまな年齢や職業の生徒が通っているという。ビルさんは「『We all smile in the same language(私たちはみな同じ言語で笑っている)』をモットーにレッスンを行っていきたい」とほほ笑む。

 開講時間は月曜・火曜=8時30分~14時30分。受講料は、グループレッスン(2~4人=60分、5~7人=70分)、親子レッスン(親と3歳以下の子どもの40分レッスン。同時に4組まで受講可)共に1レッスン=1,500円。プライベートレッスン(マンツーマンで1時間=4,000円、4回=1万4,000円)ほか。

  • はてなブックマークに追加