3密を避けて新しい生活様式へ!

暮らす・働く

奈良・大淀町のゆるキャラがデビュー、蓮花ちゃんに恋敵出現か?

蓮花(れんか)ちゃんからのお祝いメッセージを手にする大淀町のマスコットキャラクター「よどりちゃん」(写真=大淀町提供)

蓮花(れんか)ちゃんからのお祝いメッセージを手にする大淀町のマスコットキャラクター「よどりちゃん」(写真=大淀町提供)

  • 0

  •  

 奈良・大淀町のマスコットキャラクター「よどりちゃん」が11月3日、デビューした。

 よどりちゃんは、同町の特産物でもあるナシの妖精。性格は「人懐っこくて甘えん坊」で、言葉の語尾に「ペアー(pear=ナシ)」と付けるのが特徴。今後、町外や県外のイベントにも参加し、同町をPRしていく。

[広告]

 デビュー当日は、せんとくんや葛城市のマスコットキャラクター「蓮花(れんか)ちゃん」、下市町の「ごんたくん」からお祝いのメッセージが届いた。蓮花ちゃんは11月4日付けのブログで、せんとくんがメッセージを送ったことに対して嫉妬とも取れるブログをつづっている。

 せんとくんをいちずに思い続ける蓮花ちゃん。これまでに、誕生日やせんとくんの働く奈良県庁が節電を行った際には、うちわなどさまざまなプレゼントをしてきたが、せんとくんからの「お返し」はもらっていない。

 せんとくんからお祝いメッセージが送られたことに加えて、「本日は皆さんにお披露目ということで、かわいくポーズを決めるんだよ。僕も早くよどりちゃんと遊びたいな 会えるのを楽しみにしているよ」などと送った、せんとくんのメッセージの内容も気になった様子で、その全文を掲載。

 それに対して蓮花ちゃんは、「せんとくんからも(メッセージを)もらったんだって!?」と、驚きの様子や、「蓮花、ちょっと心配」と、せんとくんの気持ちがよどりちゃんに向いているのではと、不安げな様子を見せている。

 しかし最後には、持ち前の前向きな性格からか蓮花ちゃんは「せんとくんは、きっとみんなにやさしいはず」と、ひらめきの絵文字とともに、自分を納得させるかのような文章で締めくくっている。

 よどりちゃんは、蓮花ちゃんの恋敵になってしまうのか…?。

Stay at Home