水でつながる支援-「世界水の日」に無料の水にチップで

昨年のTAP TOKYOの募金でマダガスカルの小学校に完成した井戸 ©日本ユニセフ協会/2009/satomi matsui

昨年のTAP TOKYOの募金でマダガスカルの小学校に完成した井戸 ©日本ユニセフ協会/2009/satomi matsui

  •  
  •  

 飲食店で提供される「水」や「お茶」に100円以上の寄付をすることで、水や衛生環境が悪い地域に住む世界の子どもたちを支援するプロジェクト「TAP PROJECT 2010」が3月22日の「世界水の日」から始まり、奈良県では8店が参加する。

 2007年にニューヨークで始また同プロジェクトの支援の輪は世界に広まり、昨年は東京と横浜でも行われた。日本での活動は日本ユニセフ協会(東京都港区)と hakuhodo+design project、博報堂(同)の有志メンバーが主催し、東京、名古屋、関西の3エリアの飲食店、800店以上が参加する。

[広告]

 国連が定めた3月22日の「世界水の日」から1週間、同プロジェクトに参加するレストランやカフェでは、「水」「お茶」に対して100円もしくはそれ以上の募金を呼びかける。昨年は日本で集まった1,305万9,210円を使い、マダガスカル南東部の小学校16校に、手押しポンプ式の井戸14基、トイレ64基を設置し、生徒数5,706人、教師144人への支援につながった。

 奈良県内では、「Falafel Garden」(奈良市東向南町)、「四季のイタリア料理アルティジャーノ匠」(奈良市二条大路南)、「ピッツェリア・トラットリア・マガジーノ「(香芝市)、「ホテル日航奈良」(奈良市三条本町)、同ホテル内の、レストラン「セリーナ」、 中国料理「珠江」、和処「よしの」、鉄板焼「銀杏」、ロビーラウンジ「ファウンテン」、が参加。

 Falafel Gardenのトロイビーチアミールオーナーは「世界には苦しんでいる子どもたちがいることを、これを機に少しでも多くの知ってもらえれば」と話す。

  • はてなブックマークに追加