思い出に残る日に-奈良で人力車12台使い結婚式

沿道からの祝福を受けながら、人力車に乗り猿沢池を一周する新郎新婦

沿道からの祝福を受けながら、人力車に乗り猿沢池を一周する新郎新婦

  •  
  •  

 ブライダルプロデュースを行う「オーシャンフロント」(奈良市今辻子町、TEL 0742-20-6770が提供する「奈良まほろば結婚式」の一環で3月21日、新郎新婦が両家の親族が人力車12台に乗り、古都奈良の町を走り沿道の観光客などから祝福の声を受けた。

 奈良在住の新郎の藤井理史さんと愛知県在住の新婦の矢田史織さんは「何か思い出に残る結婚式を」と、デートでも何度か乗ったことがあるという人力車を結婚式に来てくれた人にも体験してもらいたいと企画。

[広告]

 当日は、興福寺と猿沢池を結ぶ「五十二段階段」で12台に23人が乗車し、新郎新婦を乗せた白色の人力車を先頭に、興福寺を横目に猿沢池を一周して、県庁前や大仏殿前、浮見堂を通って会食会場に移動した。

 沿道からのも「おめでとう」などの声が上がり多くの祝福を受けた2人は「楽しい」と声をそろえ、藤井さんは「感謝感謝の一言」と幸せいっぱいの笑顔を見せた。

  • はてなブックマークに追加