大型SC「ならファミリー」、6年ぶりにリニューアル-新規出店も続々

オススメのワンピース(7,875円=写真左)とバッグ(9,240円=写真右)をアピールする「ラワーチルドレン」の飛田さん

オススメのワンピース(7,875円=写真左)とバッグ(9,240円=写真右)をアピールする「ラワーチルドレン」の飛田さん

  •  

 奈良のSC「ならファミリー」(奈良市西大寺東町、TEL0742-33-1201)が3月20日、リニューアルオープンした。

 リニューアル第1弾となる今回は、専門店街の2階と3階を中心に行われ、店舗を広く見渡すことができるよう通路の拡幅したほか、店内の照明を変え明るくするなど、買い物がしやすくなるようにと今年2月から施工していたもの。リニューアルは6年ぶり。

[広告]

 同月28日に地下1階のフードコートの改装を終え、4月24日にレストラン街のリニューアルオープンを予定する。同店の保田さんは「店舗も改装し、新しい店舗も(レストラン、フードコート合わせて)20店舗ほど入る。すべてのフロアで楽しめるように計画している」と話す。土日には1日約4万人が訪れている同店では、今後若い女性層の集客を狙う。

 同日、ヨーロピアンテイストを取り入れたエスニックスタイルのレディス・服飾店「フラワーチルドレン」(本社=大阪市中央区)が専門店街2階に出店した。店舗面積は25坪。奈良県内では橿原アルル店に続き2店舗目。鮮やかな色使いや刺しゅうが特徴のワンピースやボトムなどの衣類約700種類、アクセサリー約300種類を取りそろえる。吉田店長は「フラワーチルドレンを多くの方に知ってもらい、来店していただければ」と話す。

 今回のリニューアルで、これまでにレディス衣料を扱う「enracine」や「MAI」など4店舗が新規出店したほか、ホームページも一新した。