食べる 暮らす・働く

奈良・中登美第3団地で振る舞い餅つき大会 アンバサダーが主導

昨年の様子 参加の子どもと中登美アンバサダー

昨年の様子 参加の子どもと中登美アンバサダー

  •  

 奈良の中登美第3団地(奈良市中登美ケ丘1・西登美ケ丘2)で2月3日の節分の日、「中登美アンバサダー」による振る舞い餅つき大会が行われる。

 中登美アンバサダーは「中登美第3団地を中心に地域を盛り上げよう」という地元有志の集まりで、UR都市機構社員で中登美第3団地担当者と共に2017年に発足した。

[広告]

 自治会主催で毎年行っていた夏祭りが役員の高齢化などの理由により、2017年の開催が危ぶまれていた。そうした状況を知り、中登美アンバサダーが夏祭りを主催し無事開催にこぎ着けた。「この夏祭りをきっかけに街の活性化に興味を持つ人が出てきて協力者が増えたのを感じた」とアンバサダーの加来(かく)さんは振り返る。今では街の活性化に欠かせない存在となり、昨年は住民らの交流を増やそうとフリーマーケット「登美の市」を開催し、幅広い世代が参加した。

 今年の振る舞い餅つき大会では豚汁も炊き出して振る舞う。「高齢化が進む古くからの団地と周辺の新しい地域の住民が一緒に楽しみながら、心も体も温まってくれれば」と加来さん。

 開催時間は10時~14時。会場は中央集会所で誰でも参加できる。餅、豚汁共、無くなり次第終了。他に野菜や豆腐などの販売も予定している。