3密を避けて新しい生活様式へ!

食べる 見る・遊ぶ

奈良「藝育カフェ サンカク」が移転-元ダンスホールを展示空間に

「藝育カフェ Sankaku(サンカク)」の店内と店主の山本綾子さん

「藝育カフェ Sankaku(サンカク)」の店内と店主の山本綾子さん

  •  
  •  

 芸術を育てるという意味で付けられた「藝育カフェ Sankaku(サンカク)」(奈良市下御門町、TEL 050-1488-0278)が10月7日、移転オープンした。

 サンカクは、もちいどのセンター街にあるチャレンジショップ「夢キューブ」内に昨年4月にオープン。手狭になってきたことや、早く出ることで次の人にチャンスが回るとの思いから、100メートルほど南にある建物の2階に移転した。

[広告]

 新店舗の店舗面積は約40坪で、席数は30席。スタンディングでは100人~120人を収容できる。以前はカラオケ喫茶やダンスホールなどにも使われていた空間のため、店内にはステージもあり、照明や音響設備なども備わっている。ステージや客席はもちろん、公衆電話が置かれていた個室のようなスペースや、階段やトイレも展示スペースとして利用する。

 フードメニューは、ココナッツとトマトベースで季節の野菜が入った「sankakuカレー」(800円)、バンズにワッフルを使った「ワッフルバーガープレート」(1,000円)、「ワッフルプレート」(700円)、かぼちゃクリームとキャラメルムースを使った「オータムティーカップ」(600円)、シュークリームとプリンの入った「ぜいたくプリンパフェ」(600円)など。ドリンクは、「ブレンドコーヒー」(350円)、「カフェオレチョコクランチ」(550円)などのほか、「生ビール」(500円)も提供する。

 店主の山本綾子さんは「地域の人、外から来る人、お年寄りや若い人が出会って交流できる場になれば。その間にアートとおいしい食べ物があれば」と話す。

 営業時間は11時~19時(展示会最終日は18時まで)。木曜定休。

  • はてなブックマークに追加
Stay at Home