人気チョコレート店「バーマンズ」、もちいどの通り商店街にカフェ併設の新店

もちいどの通り商店街にオープンした「バーマンズチョコレート」の川口大輔さん

もちいどの通り商店街にオープンした「バーマンズチョコレート」の川口大輔さん

  •  

 バーテンダーが作り上げた生チョコを販売するバーマンズは4月6日、もちいどの通り商店街にカフェと工房を併設した「Barmans Chocolate(バーマンズチョコレート)」(奈良市餅飯殿町、TEL 0742-20-5677)をオープンした。月替わりの9種類のチョコレートに合わせて今月中にはアイスクリームの販売も開始する。

 同商店街OKビル2階にある同店。店舗面積は約12坪で、側面が大きなガラス張りのシンプルな店内には2人掛けテーブル3卓と、4人掛けテーブル1卓の計10席が並ぶ。

[広告]

 商品開発は、自分がおいしいと思うものだけを作り続け、自らを「味追い人」というショコラティエの川口大輔さんが担当。リキュールを使った同店のチョコレートは常に試行錯誤を繰り返し、月替わりでビター、セミビター、スイートの3段階に分けた各3種類全9種類を提供する。そのほか、観光客を中心に人気の抹茶のお酒と大和茶の粉、カカオを練りこんだ「大和茶」(3粒=580円、9粒=1,380円)も用意。

 川口さんは根っからの料理人。神戸で和食バーの運営などを経た後、奈良県に移り住み、奈良のレストランバーで客の要望に応えチョコを製作、その後口コミで広がった。

 4月末ごろに販売開始を予定するアイスクリームは、酒の香りを練りこんだリキュールソースがかかったバニラ味の「バーマンズアイスクリーム」、テークアウト専用のリキュールのアイス「バーマンズアイスクリームプレミアム」も用意する。来週からの営業を予定する18時からのバータイムでは、チョコレートに合うアルゼンチン産のスパークリンとチョコレート2個を780円で提供。

 川口さんは「奈良からチョコを広めたい。チョコとコーヒーのセットには500円以上の価値があると思う」と自信を込める。

 オープンを記念して、コーヒーなどのドリンクとチョコ2個が付いたセット(500円)を400円で販売している。

 営業時間は10時30分~20時(バータイムの営業開始後は閉店時間を変更予定)。月曜定休(祝日の場合は営業)。