食べる 見る・遊ぶ

奈良・新大宮駅かいわいでバルイベント チケット制やめ店の負担軽減へ

佐保川の桜(昨年の様子)

佐保川の桜(昨年の様子)

  •  
  •  

 近鉄新大宮駅かいわいの飲食店33店が参加する「新大宮バル」が3月29日から、開催される。

 これまでの3回は他のバルイベント同様にバルチケットを発行していたが、参加店から「チケットの取り扱いなどの負担が大きい」「チケットを買うのは常連客がほとんど」との意見が多く、今回はチケット制の導入を見送った。主催するイタリア料理店「オステリア ヒロ」(奈良市大宮町6)店主の井之上宏さんは「新規客も来やすいようにチケットを無くせば、主催側の事務負担も減らせると考えた」と話す。

[広告]

 「バルメニューの内容・料金・時間は各店で異なり、参加店にバルマップがあるので確認して楽しんでほしい。この春に新しく奈良に来た人や、普段新大宮に来る機会のない人にも、個性豊かな飲食店を巡ってお気に入りの店を見つけてほしい」とも。

 街を流れる佐保川は桜の名所で、5キロ以上の桜並木が続く。31日には佐保川沿いの「芝辻4丁目緑地公園」でバーベキューを楽しめるスペースの設置や音楽やダンスなどの催し「新大宮花見まつり」も開催。「奈良市最大の桜の名所で、花見も、新大宮バルも合わせて楽しんでいただけたら」。電車でのアクセスは新大宮駅が近い。

 4月6日まで。

  • はてなブックマークに追加